ウェブサービスを利用したホームページ

細かくデザインするホームページ

ホームページで情報を発信したいと考えても、作り方が複雑すぎて挫折してしまった方もいるかもしれません。こちらでは、チャレンジしたいと考える方に向けて、簡単にホームページを作る方法をご紹介しますので、参考にしてくれたら嬉しく思います。

難しいことはすべて自動でやってくれる!作成ソフトの使い方

アイコンを選択していけば自動でHTMLが入力される

初心者がホームページを作る際、最初に壁となるのはHTMLの入力です。どんなホームページであっても、そのソースを見てみると必ずHTMLで書かれていることがわかります。ブラウザはHTMLの内容を元にコンテンツを表示しているのです。 HTMLはマークアップ言語の一種で、言語とくくられているように、一定の文法が存在しています。その文法、そしてタグと呼ばれる言葉を覚えないと思い通りのHTMLは書けません。 ただ、初心者であっても自分の思い通りにHTMLを書けるようになる方法はあります。それは作成ソフトを使うことです。作成ソフトはアイコンなどを選択していくことで自動的にHTMLを入力できるようになっており、文法やタグがわからなくても使うことが可能です。

ブラウザと同じビジュアルでHTMLを編集できる

では、作成ソフトの具体的な使い方はどういうものなのでしょうか。ソフトによって詳細は異なりますが、基本的にブラウザのような編集画面がデフォルトになっています。その編集画面に文字を入力し、マウスなどで選択して、たとえば見出しにしたい場合は見出しのアイコンを、太字にしたい場合は太字のアイコンをクリックすることで、自動的にタグが入力され、編集画面にてリアルタイムでビジュアルを確認することができるのです。
また、作成ソフトによっては素材集を収録しているものがあり、好きな画像を選んで貼りつけることもできますし、画像編集機能が備わっているものであれば、見出しの文字に派手なエフェクトをかけるといったことも可能です。
そうやって作成したHTMLを保存し、ソフトに備わっているFTPソフトでサーバーにアップロードすることによって、ホームページを公開できます。